心の狭すぎる私がネットを見る時している工夫。これがあなたの役に立てたら嬉しい

【ネット不快対策】ツイッターのニュースフィードメンタル

私はものすごく心が狭い。

私ほど極端でおかしな人はいないと思いますが、もしかしたら私がしている「嫌なものから身を守る工夫」があなたの役に立つかもしれません。

共感できないものがほとんどだとは思いますが、あてはまるものがあり日々のストレスを軽減するのに役立てば嬉しく思います。

PC向けの情報が多めです。

スポンサー

検索系 / YouTube動画広告

検索候補が不快なら、サブワードを先に入力する

検索候補イメージ

「Aさん」について調べる時、「A」を入力した時点で検索候補に「A 浮気」「A 炎上」など、好きなものに対してネガティブなワードが出てくる場合があります。

この時、Aさんのライブイベントについて調べたいなら「ライブイベント A」で検索すると、不快な検索候補を避けやすくなります。

サブワードが思い付かない場合は、「ああああ A」と入力したあとに「ああああ」を消してすぐエンターという手もあります。

悩みや病気などは「プライベートウィンドウ」で検索する

Googleでは検索結果や表示したWebサイトから、見る人に合わせた広告を表示しています。Googleの広告は多くのサイトが利用していますし、YouTubeもGoogleのサービスです。

私の場合は、検索内容が後のストレスになりやすいの例は下記のものです。

  • 体調不良/病気 → 皮膚病や鼻水など、見たくない映像を見せられることがある
  • 資産/お金 → うさんくさいビジネス系の長い広告が出る
  • 漫画/アニメ → 虐待やいじめなど、続きが気になるけど不快さが強すぎる広告が増える
  • 嫌いなもの → 「A 嫌い」「A 気持ち悪い」などで検索すると、Aに関する広告や、Aに好意的な広告が出てくる

漫画/アニメ

アクションバトルものやほのぼの系を検索しても悲惨な内容の広告が出てきたので、漫画に関連するワード自体をできるだけプライベートウィンドウで検索するようにしています。

ゲーム関連の広告で不快になることが少ないので、むしろ不快じゃない広告を増やすためゲーム情報は普通に検索しています。

嫌いなもの

普通の方は、そもそも嫌いなものをわざわざ検索する意味がわからないと思います。

しかし「楽しい」とか「嬉しい」といったポジティブな感情がぜんぜん持てなくなった時、無意識に「怒りですら無感情よりはマシ」だと思うのか怒りの対象について調べたり共感できる意見を探してしまうことがありました。

今では一切していませんが、嫌いなものを検索すれば嫌いなもの関連の広告が出るので、当時は悪循環に。しないのが一番ですが、どうしても制御できない場合はせめてプライベートウィンドウでの検索をおすすめします。

YouTube動画広告に関する根本的な解決方法(有料)

YouTubePremiumに加入すると、動画広告が表示されなくなります。

ニコニコ動画

自分でも「じゃあニコニコ見なければいい」と思うような内容で、実際見ることはほとんどなくなりましたが、ボイスロイド実況やMMD目当てで時々見ます。その時の対処です。

スクロールでニューストピックを隠す

私は動画の上に表示されるニューストピックが嫌で、内容によってはスルーもできません。

画面を下の方へスクロールして行って、ニューストピックが隠れるようにして回避できます。

フルスクリーンでも回避可能

動画をフルスクリーンにすることでもトピック表示を無くせます。フルスクリーンにするのは動画右下にある斜めの矢印マーク。

ニコニコ動画のフルスクリーンは、ブラウザの中だけなのでPCなら別のこともできます。ただ、再生しながら関連動画やタグなどはチェックできません。

コメントを消す

私はいくつかの理由でコメントをめったに見ません。動画右下の吹き出しで非表示にできます。

ツイッター

開く前にブラウザの幅を狭くする。

私はニュースフィードっていうんでしょうか。右側に表示されるトレンドやニュースを見ると、たいてい嫌な気持ちになります。

ブラウザの幅を狭くすると表示されなくなります。おすすめユーザーも嫌なことがあるので、同じ方法で表示されない場合があります。(ただ、タイムラインの位置におすすめユーザーが出てくることはある)

調べた時に見つけた他の方法は、手間がかかる上にすぐ効果がなくなるのでこの方法が一番簡単で役立っています。

検索する時は、すぐに検索窓に入力を開始する

Twitterは検索画面にすると、結局ニュースフィードが全面に出てきます。

目に入る前に、検索窓をクリック(タップ)すると検索候補や検索履歴が表示されるので、ニュースフィード表示から目を逸らせます。

ニュース

ニュースサイトを見ない

私は見ることで受ける不利益の方が多いので、ネットに限らずほとんどニュースをチェックできていません。

社会人としてまったくニュースを見ないことは難しいとは思いますが、職種等によっては大災害や内閣解散といった大きな話題だけ知っておけば大丈夫な方も多いのではないでしょうか。楽しめるなら別ですが、有名人の不祥事に怒りがおさまらないなら見なくていいと思います。

コメントを見ない

私の場合は見た場合の悪影響がひどいので見に行かないよう気をつけています。

  • 共感する内容が多い → 自分の考えが正しいと思ってしまう
  • 自分と反対の意見が多い → 納得できず長期間ストレスを受ける、自己嫌悪になる
  • 賛否両論 → 上の両方

話題やサイトによって偏りがある気はしますが、色々な意見を見る場としてはいい場所かもしれません。

コミュニケーション

そもそもコミュニケーションをとらない、という極端な話です。

コメントをしない

極端ですが、私の場合は自分自身に「誰かに対してコメントすること」を禁止しています。感情的になっている時、イライラしている時は特に。

気まぐれでしてしまうこともありましたが、9割以上の確率で後悔するので、ふとコメントしたい気持ちが湧いても思いとどまるようにしました。

コメントしない人ばかりだとニュースサイトやライブ配信が盛り上がらないので、コメントをする人は世の中に必要ですが、スルースキルが無かったりストレスを受けがちなら考えてみる価値もあると思います。

私の場合、直接メッセージを送っていなくても感情的に書いてしまった文章を投稿したまま、思い出すことも気がつくこともなく残してしまっている可能性があります。

できるだけ投稿前に自分が理性的な状態かを確認しなければいけませんが、徹底すれば本当に一切なんの文章投稿もできなくなるので、コメントをしないようにしている現在でも恥ずべきものを複数出してしまっていると思います。

自分から連絡しない

仕事で連絡が必要な場面以外では、決して誰とも連絡をとらないようにしています。

これは親しい人との会話でも辛くなり、言葉を交わしたことを後悔するからしていることなので、人と関わることで元気が出る人はむしろ自分から連絡した方が良いと思います。

まとめと後書き

利用していて「なんで見たくないものを非表示にする設定がないんだ」とよく思ってしまうのですが、同時に無料でサービスを受けているのに多くを望みすぎている自分が恥ずかしくなり、ネガティブな感情は結局自分に刺さり貫かれます。

主観的にはもう耐えられないので必要な自衛ですが、客観的には嫌なことを避けていても解決や成長はないし、ただストレス耐性が低くなることも考えられます。

紹介した方法を使わなくても平気なら、使わないに越したことはありません。ただ、もうどうしても耐えられないなら少しでもダメージを減らす方法として、いくつか、あるいは1つでも役立てば嬉しく思います。

タイトルとURLをコピーしました