洗濯物の山をラクに片付ける、誰でも今すぐできる簡単なテクニックがあります。

洗濯物を片付ける簡単テクニック生活

洗濯を面倒に感じる人はあなただけではありません、仕方な〜くやっている人も多いものです。

でも、ほとんどのことは洗濯機がやってくれるのにどうしてこんなに面倒にかんじちゃうんでしょうか。

理由を知れば、それは必ず解決できます!

スポンサー

洗濯が面倒に感じる大きな原因はこれだった。正体がわかれば解決できる!

実は、洗濯が面倒な理由とは──。

たまった洗濯物
たた

やはり「干す」というのが大変!洗濯物がたまっているほど強敵なんです!

洗濯機を回してから時間が経って、終わったら干さなくちゃいけない。

からみ合った洗濯物をほどいて、シャツはこっち、下着はこっち、タオルは…これが本当に大変です。

干す時にハンガーにかけるのか物干しにかけるのか、こっちはピンチ(洗濯バサミ)でつるすのか…これがすごく面倒なんですね。

簡単に今すぐできる解決方法は?

これを解決するのは誰にでも簡単にすぐできるシンプルな方法。

シャツはシャツ、下着と靴下は下着と靴下、タオルはタオルだけでそれぞれ回数を分けて洗うことです。

今回は○○だけを洗濯する、これだけ!

別々に洗濯してしまえば、終わった洗濯物がシャツなら全てハンガーにかけるだけ!タオルならピンチ(洗濯バサミ)でつるすか竿さお部分にかける。色々なことを一気にしなくていいので、想像以上に快適。

このシンプルさがストレスフリーにつながります。

着替えに余裕があれば、次の日は下着、次の日はタオル、など日替わりでもOK。

面倒だからと同じ日にまとめてやるよりもラクに感じられますよ。

簡単なのにメリットだらけのテクニック

ラクなだけでなくメリットが多いのも特徴。

洗濯物を詰め込まなければ衣類が絡まず衣類・タオルが長持ちしますきちんと汚れが落ちますし、室内干しの場合は日を分けると干す量が分散できて湿度が調整され、冬の結露や乾燥による肌・鼻・喉へのダメージを起こりにくくする効果も狙えて、乾きやすくもなりますし、多湿によるカビ・ダニ・結露予防にもつながり、干しているスペースも節約できます。

たたむ時も同じ種類の衣類だけだと、いつもより簡単に片付けられるんです!

これが、ただ種類ごとに分けて洗濯するだけで良いんです。

たたむのが面倒な時は──。

もし干すスペースが十分にあって、たたんでしまうのが一番いや!という場合は、干す場所をクローゼットのように、「服を保管する場所」として利用しちゃうというラクワザもあります。

直射日光は避けて、風通しがいい場所ならカビや乾燥しすぎの心配も少なくなりますよ。

ダニ対策としても手入れされていない衣類入れの中より○。

まとめてやる派の方にも使えます!

「私は1度にやった方がラク!」という方は、洗濯物を取り出した時に分別しましょう。

干す時に1つ1つ判断してこれはこっちあれはあっちとやるよりも、まずはシャツだけのグループ、タオルだけのグループに分けて、分け終わってからまずはシャツ、次は下着を…とそれぞれをまとめて作業するとスムーズに進み、ストレスなく干すことができます。

この考え方は仕事や洗い物など、他のことでも役立つので日常的に活用してデキる人になっちゃいましょう!

洗濯物の山をラクに消し去る簡単なテクニック まとめ

次回の洗濯からすぐにこの簡単なテクニックを使って、ストレスフリーな洗濯生活を送りましょう!

バッチリ

日を分けて上に着るもの、くもの、下着と靴下などを洗うと干すのもたたむのもラクになり、湿度も上がりすぎないので乾くのが早くなります。

風通しの良い場所がほしい、洗濯物をもっと早く乾したい、という方には今人気のサーキュレーター付き衣類乾燥除湿機もおすすめ。

サーキュレーターは扇風機以上に空気を動かすことが得意で、洗濯物を乾かしたり換気に使ってカビを防いだり冬は天井にたまった暖かい空気をおろしたり、夏は床の冷たい空気を上げてくれたりと年中活躍します。

日々の大変さを少しでもラクにして、笑顔の日々を今すぐ手に入れてください!

▲ Amazonベストセラー1位!サーキュレーターと除湿機が一体化しているので、洗濯物が乾くスピードが大幅にアップ!室内の多湿の悩みやカビ・ダニ・結露防止に役立ち、冷暖房効率も向上します。

タイトルとURLをコピーしました