【鈴花ステラ歌枠感想】2021/11/20アニソン!りんりんヒットスタジオ!【めがらいとプロダクション】

配信感想
スポンサー

歌枠感想

めがらいとプロダクション所属、鈴花ステラさんの歌枠「2021/11/20【歌枠】アニソン!りんりんヒットスタジオ!【鈴花ステラ/めがらいと】」感想です。

メリッサ

アニメ声系の可愛いトークボイスからかっこいい大人の女性ソングボイスのギャップが何度聞いても新鮮。

ポルノグラフィティの歌では肉体的な力強さを感じていますが、ステラさん(鈴花ステラさん)の歌だと精神的な強さを感じます。

本人たちの性別とは関係のない印象ですが、ポルノが男性主人公だとしたら、ステラ先輩は男性キャラに戦闘能力こそ譲るもののヒーローを超える精神力と気高さを持つヒロインなイメージでした。

ふわふわ時間

ステラさんはこういう明るくて可愛い曲が一番似合うな、というのが真っ先に思い浮かんだ感想でした。

でもステラさんのかっこいい曲を聴くと、ステラさんはこういうかっこいい曲が似合うなーと思うので、それだけ私からみると幅広い表現のできるシンガーなんだなと思います。

今回の歌枠は「りんりんヒットスタジオ!」。別枠の「ザ・ステラ10」でもふわふわ時間が歌われたこともありますけど、「ザ・ステラ10」ではふわふわ時間に限らずそれぞれの曲に対する想いが一言書かれています。

この曲に対する気持ちや好きという想いの強さも良さにつながっているのかな、なんて感じました。

unravel

か細く消え入りそうな存在が必死に歌っているようなこの曲の雰囲気と見事に合致した歌声で、こういう曲もいけるのかーと改めて心にきました。

愛にできることはまだあるかい

聞いた瞬間にRADWIMPSの曲だなぁと感じて、念のために調べてみるとやっぱりRADの曲でした。

ステラさんの歌って別にモノマネはしていないと思うんですけど、知らない曲でもアーティストさえ知っていればわかることが多くあります。

その曲だけでなく、そのアーティストの良さも表現しつつ、でもただ真似しているのとは違い自分なりの表現に落とし込んでいるのかなーと。

ラムのラブソング

普段のトークと同じ声でそのままぴったり合っていてこれはこれで素敵。

「しないで」や「やめてよ」の部分が感情こもった歌い方で好きでした。「わたし」を「ステラ」に変えた部分を聞いて、そういえば遅刻や浮気を叱る場面のキャラクター性で共通感あるなんてことも考えました。

連続で「優しさの理由」を歌いましたが、一気に大人っぽい曲にシフトするのも面白いですね。

もってけ!セーラーふく

ガヤ好き。

コメントから「3D化したら踊ってほしい」という話題が。チアダンス振り付けがある曲ということをすっかり忘れていました。

めがプロは歌へ特に力を入れているイメージが強いんですけど、3D化ライブが実現した時にダンスを取り入れるのかはちょっと気になります。

シンガーはその場で手足を動かし歌詞と同期の取れた感情表現をするイメージで、めがプロはそういうシンガー系のライブになるのかな?と思ってました。実際に3D化でライブをしたなら、どんなステージが見られるのか気になります。

コーラスについて

ふわふわ時間もですし他の曲でもたくさんありますが、生で歌っているだけでなく曲にあらかじめ収録したコーラスがついているの好きです。

これを書いている時点でめがらいとプロダクションに所属しているのはステラさんと後輩の火閻まどかさんの二人だけで、歌声も違うので「この曲はステラさんのコーラス」「あの曲はまどかさんのコーラス」というのが聞き分けられるのも楽しみ。

ステラさんのコーラスでステラさんが歌うこともあれば、まどかさんのコーラスでステラさんが歌う。ステラさんのコーラスでまどかさんが歌うなど組み合わせも。

この記事を書いている時点で、めがらいとは2期生を募集しています。後輩が増えたらコーラスの種類も増えていくのかも?

以上、歌枠感想でした。

タイトルとURLをコピーしました