ホロENのVシンガーIRySデビュー配信と翻訳切り抜きまとめ

ホロライブ

IRySデビュー配信からまもなく、早くも日本語本焼き切り抜きをアップしてくれた有志がいるため、取り急ぎピックアップさせてもらった

新たに発見したり、自分で英語を聞き取れたことに関して追記したりもしていきたい

スポンサー

IRySデビュー配信

デビュー配信ということもあってか、それともすでに素なのか、かなりおだやかな話し方と雰囲気。若干緊張しているようにも見える

「日本語は日常会話レベルでできます」「よかったら日本語でも気軽にコメントしてください」といった内容(正確な聞き起こしではない)も日本語で話してくれた

オープニングは歌声とアニメーション

デビュー配信ではOPから歌とアニメーションあり

歌声はクリアな高音で、イメージ的には日本のかっこいい系女性ボーカルアニメソングに近いと思う

記念すべき初降臨では2連続のミュート芸

「一筋の光がさす闇の中にIRySが降りてくる」という初登場演出だったが、口を動かし始めたものの無音

初めはこれも何かの演出かと思ったが、姿が消えて再度上から降臨

2度目も口をぱくぱくさせていたがやはり無音

どうやら狙いではなくミュート解除に失敗したようだが、第一印象から「近寄り難いカリスマ」ではなく良い意味で「親しみやすい」と感じられた一幕だった

▼デビュー配信本編(約1時間)

アニメーションでは落下シーンもあり、プロフィールにある「Nephilim(天から落ちた者)」というワードを彷彿とさせるシーンも。

しかしIRySはプロフィールで過去にも希望をもたらした存在として説明されていて、IRySが始動するホロライブENプロジェクト名もHOPE(希望)の名がついているので、堕天使という解釈ではなさそう

プロフィールやイラストレーター紹介のあとは歌枠があり、残酷な天使のテーゼを日本語歌詞で歌った。ちょっと音質は良く無かった気もするが、納得の歌唱力

かなトワの娘ではない

天使と悪魔のハーフという生まれから、やはりイジられた先輩ネタ

配信してわりと序盤の誕生日関連の話から「ホロライブJPの天音かなた(天使)と常闇トワ(悪魔)の娘ではない」と笑いつつ否定したワンシーン

かなトワの配信でもIRyS関連コメントが増えそうだが、IRySはそれを望んでない様子

コメントする人はいて、多分反応も少ししてくれるだろうけど過度になると確かに荒れそう

高いところは苦手

翼もあるが、高いところは怖いらしい

どうしても必要な時は飛ぶとのこと

ゲーム配信もしていく

スケジュールの公開では、7月14日の日本時間AM4時からDOOM、15日の日本時間PM4時からAPEXをプレイするっぽい

PvP game(プレイヤー対戦ゲーム)が好きとのことだが、このラインナップはFPS

けっこうガチ勢なのかも

ホロメンの反応

天音かなた、IRySの親疑惑を否定

認知しない模様、しかし「親戚の可能性はある」

ちょこ先生も悪魔だから、と「ちょこかな」の話題も出た。確かに。

講義では吸血鬼も悪魔に含められるから「メルかな」や、トワ様大天使なので「ちょこトワ」とか色々バリエーションができる気がした

(デビュー配信前)トワ様、ホロライブは天使と悪魔好きを確信する

ホロライブって天使と悪魔好きだよね、といった発言

  • 天音かなた(天使)
  • 常闇トワ(悪魔
  • 癒月ちょこ(悪魔)
  • 夜空メル(吸血鬼)
  • 百鬼あやめ(英語でEvil(悪魔)と同単語にされることもある「鬼」)
  • 紫咲シオン、潤羽るしあ(多分人間だけど魔界学校生)

トワ様がどこまでを指しているのかはわからないけれど、確かに。

さくらみこ、日本語うまいホロENランキング4位に転落

エゴサをしていたら、IRySの登場によってさくらみこが日本語うまいランキングの順位が下がったと同情されていたとのこと

海外では「さくらみこの配信は日本語がわかっても何を言ってるかわからない」というネタにされていて、ちょっと変わった人気を得ている

すでに海外リスナーから「いっしょに日本語を学んでいこう」とコメントされるなどしていたが、日本語が堪能なIRyS登場によってさらにネタ強化が進んでしまったようだ

獅白ぼたん、IRySの歌唱力、日本語のうまさ、ミュート芸(降臨Take3)について感想を語る

歌と日本語のうまさについての感想の後、降臨シーンをやりなおし3回行ったことについて言及(ミュート芸という言葉は使っていない)

リスナーからは日本語のうまさについて「さくらみこよりうまいよね」といった意味のコメントがなされてツッコミを入れた

「ポン(コツ)みを感じる」と、親しみを抱いたっぽい

大空スバル、新人にママを求めた天罰で眉毛がバグる

眉毛二つは絵面がシュールすぎる、なんだこれ

ママみはよくわからんけど話し方がかなり優しそうな印象は確かに。

バーチャルシンガー枠ということだったが、トークはスムーズでゲーム配信もするようだ

まだ配信初期+緊張もあると思うので活動からしばらくしてどうなるか気になるところ

(デビュー配信前)ワトソン・アメリア、探偵として調査欲が高まる

ハイテンションで実況アナウンサーっぽくなるアメリア

今までのホロライブENメンバーにはVシンガーはいなかったので、ライブコンサートを開いたりするのか?など興味津々な様子

まとめ

リスナーだけではなく、JP,ENのホロライブメンバーもかなり注目していたようだ

チェックできていないがIDメンバーも同じだろうか

JPではデビュー1ヶ月ほどは同期以外とのコラボを制限されていたと記憶しているが、IRySはしばらくの活動後にコラボするのだろうか?

バイリンガルVTuberの中でもかなり日本語が堪能なので、EN,JPを問わずにそつなくコミュニケーションをとれそうだ

ⓒ cover corp.

タイトルとURLをコピーしました