自分たちのコメントが客観的に見られる、月ノ美兎のシャニマス配信切り抜きが恥ずかしい

スポンサー

月ノ美兎委員長の「アイドルマスターシャイニーカラーズ」配信切り抜き

概要

月ノ美兎(以下「委員長」)が「天性のSNS使いうまいマン」と評価する雛菜ちゃんが、事務所の生配信をするシーン。

これがかなり「自分が配信側だったら、コメントってこんな風に感じるのか…」と思えてしまうものでした。

コメント例

※コメント内容は正確な再現ではありません。また、このようなコメントが悪いという意図ではありません。

  • 後方腕組みプロデューサー面杞憂民
    • 「事務所って綺麗なんだな、なんか安心したわ」
      「こんな所映して大丈夫?雛菜怒られない?」(これに対して撮影者がプロデューサーであることと、その場でプロデューサーがうなずいたことをリスナーに伝える)
  • 別の推しの話
    • 「じゃあアンティーカ(雛菜とは別ユニット)もここにいるってこと!?」
    • 「他ユニのファンだけど事務所見られてよかった」
  • ファン(雛菜が拾ったコメント)
    • 「ソファに雛菜ちゃんの好きなキャラのクッションある!」
    • 「いつもどおりゆるくて面白かった」
  • 感想
    • 「いっぱい質問したのに読んでもらえなかったー泣」
    • 「この子って283プロのアイドルだったんだ」(283(つばさ)プロは事務所の名前)
  • リクエスト
    • 「雛菜ちゃんのお部屋が見たかった…」
    • 「雛菜ちゃんの部屋見たい!今度やってくれる?」
  • 配信終了後
    • プロデューサー「今度は雛菜の部屋でやるの?」
      雛菜「お願いされたからってなんでもはやらないよ〜」
      「言いたいことが言えてやりたいことができるのとおんなじくらい、言いたくないことを言わなくてよくて、やりたくないことをやらなくていいのも、大事でしょ?」

コメントと雛菜、VTuberについて思うこと

リスナーコメントを見てどう感じましたか?

実際によくあるコメントだと思います。多分私ならこういうコメントするので恥ずかしくなりました。

ゲームはしっかりキャラクターとシナリオがつくられていて、雛菜が対応の上手いアイドルでお手本みたいなシーンでした。委員長が「天性のSNS使いうまいマン」と言うのも納得の自然さです。

VTuberやYouTuberで言えば生身の人がリアルタイムで行っていることでその時の精神状態の違いや、人によってどこまでが許容範囲かやスタイルも違うので正解はないと思う。

どうしたらもっと適当なコメントができるだろう?

ここでいう適当は「さらに適している」という意味合いの適当です。

「今、目の前に相手がいるようにコメントする」のが一番良いかもしれない、と想像できました。そうなるとだいたいていねい語か尊敬語になりますが。

あくまでも私の場合の仮定ですし、配信者によってはタメ口で気軽にコメントしてほしいという方もかなりいると思います。

「現実で本人を目の前にして言えるか?」というのは基準として非常に有用な意識だと思います。

最後に

シャニマスと委員長はすごい。

月ノ美兎
起立!気をつけ!こんにちは、アプリ「にじさんじ」所属の公式バーチャルライバー、月ノ美兎です。 生放送を中心にYoutubeで活動している、バーチャル世界の女子高生です! 学校では、学級委員に所属しています。 わたくしと一緒に、バーチャル世界の風紀を正してくださるクラスメイトさんを募集中です! 生放送をTwitter等...
アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス) | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
enza対応ゲーム「アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)」バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
タイトルとURLをコピーしました