【Sレア武器】The End of THE DOSSのSレア武器は取っておいた方が良い【グラブル】

グラブル
グラブル

初心者向けの説明が多めです。結論を言うと「奥義でHP回復があるから便利だよ」です。

スポンサー

The End of THE DOSS

2021/11/14〜11/20 The End of THE DOSSが復刻開催中です。

普段はSレア武器をスキル餌にしているという初心者卒業くらいの方でも、Sレア武器の風楽器『ケータリング・バスケット』はメイン武器に採用する価値ある性能でした。

『ケータリング・バスケット』

  • 奥義 スナック・セッション:味方全体のHP回復
  • 武器スキル 心配りの守護:風属性キャラの最大HP上昇(中)

攻撃力が上がらない武器スキルのため火力は落ち純粋な回復量も少ないのですが、奥義でHPを回復できる貴重な武器です。

HPを回復できる武器は意外と少なくて、さらにフルオートプレイでも回復できる手段もかなり限られています。

そんな中で奥義に回復効果があり、さらに武器種が楽器であるというのはかなり嬉しい。

回復量

基本は500程度。

ハーピスト系のジョブアビリティや、初心者卒業後のリミットボーナス「回復力」取得で効果量は伸びます。(画像は回復量UPにより、500+100=600回復している状態)

最大HPが低い時はもちろん、他の回復手段が不十分な場合には無視できない回復量。フルオートでも発動する味方全体回復なので、今までは手動でなければクリアできなかったクエストをフルオート化できるかも。

必要数

理想としては合計4つ。

ベース+3回上限解放用=4本です。Sレアの武器を上限解放できる玉鋼は使わない方が良いでしょう。

もし3回上限解放できなかったとしても、奥義は使えるので無理せずできるだけ確保する方向で。戦力が落ちすぎるのであくまで最終手段ですが、メイン武器用に上限解放なしの1本だけも妥協案です。

入手方法

イベントの敵からドロップしたり、イベントページからトレジャー交換できます。

急いで入手する必要はないので、できる限りイベントの敵からのドロップを狙い、イベントが終わった時に「あと◯本あったら…」という時に1〜3本くらい交換しましょう。

4本まで交換できますが交換用のトレジャー要求数が多く、4本を交換だけで揃えると「残虐のメダリオン」が230個必要。

▼交換するごとに必要なトレジャー数が増え、4つ目は100個も必要。

でも230個も集めるまでに数本は敵から入手できているかもしれません。だから無駄にならないよう、イベント終了間際に交換がおすすめ。

▼極端な例ですが、戦力次第では交換なしで集まります。

風属性の楽器武器

風属性の楽器武器は初心者卒業〜中級者くらいにならないと集めにくいです。

この中には奥義でHPを回復できるものはなく、「ケータリング・バスケット」はSRといえ替えの効きにくい武器。強力な風楽器を入手し、他の手段で回復を十分に確保できるまでは長く活躍が期待できます。

上位互換のガチャ武器

シャトラ加入武器の「天干地支像・丑之説(以下シャトラ武器)」は「ケータリング・バスケット」の上位互換と言える武器です。

シャトラ武器の性能は

  • 奥義効果で味方全体のHP回復/ブロック効果
  • 武器スキルは「風属性キャラの最大HP上昇(中)/弱体耐性UP(中)、連続攻撃確率上昇(中)」

奥義の回復効果と武器スキルのHP上昇目当てで、上限解放できないLV40でも採用価値があります。ただし攻刃(攻撃力上昇)スキルがなく、耐久向けの武器です。

楽器を装備できるジョブ

楽器系のジョブは味方の強化が得意で、敵へも強力な弱体効果を付与できることが多いです。

ランバージャック

Class.IVの中でも取得が難しいジョブですが、耐久の優秀さは随一で、HP回復楽器を愛用したくなるジョブです。

ハーピスト/ミンストレル/スーパースター/エリュシオン

ハーピスト Class.I

ミンストレル Class,II

スーパースター Class.III

エリュシオン Class.IV

短剣も装備できますが、楽器をメイン武器にすると一部のアビリティが強化されます。その強化される1アビ(ジョブ特有の固定アビリティ)に回復力UP効果があり、「ケータリング・バスケット」のHP回復とも相性◯

ドラムマスター/ライジングフォース

奥義ゲージを操る特殊なEXジョブ。

ドラムマスターは自分の奥義ゲージを仲間に分け与えるので奥義によるHP回復目的とはちょっとズレます。

ライジングフォースは攻撃的な運用が一般的ですが、奥義ゲージを増やしたり、仲間全体に致死ダメージに耐える効果を持っていたりと防御寄りの考え方もできます。過信はできませんが、致死級大ダメージで奥義ゲージが溜まる→奥義とポーションで回復できる場面も。

補足:フライングA(SSR)は風槍

The End of THE DOSSのSSR武器の見た目はギターですが、武器種は槍です。

グラブルはギターが槍だったり斧だったりするので、見慣れない武器を入手したら先入観を捨てて武器種を確認しておくと用途を決めやすくなります。

最後に

グラブルは「編成にはあまり入れないけどメイン武器として欲しい」という武器がちょくちょくあります。その中で、私が欲しくなるのは奥義に回復効果があるもの、特に楽器です。

時には武器スキルがいまいちでも「◯属性の△武器」を1種類以上ずつ持っていると「この属性でジョブをこれにしたかったんだけど…」という時のメイン武器に困りません。

今自分が所持している武器と相談し、すでに持っている属性と武器種の場合は「奥義効果」と「メイン武器に装備した時専用武器スキルはないか」が判断基準になります。

今回の味方全体のHP回復を持つ風楽器は、Sレアながらも中級者まで利用価値があるので確保しておきたい装備です。

GRANBLUE FANTSY © Cygames, inc,

タイトルとURLをコピーしました