【グラブル】仕様変更が発表される。クリティカルはナーフされるような強化されるような…。

召喚石(ザ・デビルなし)グラブル
スポンサー

グラブルの仕様変更

用語「ナーフ」=弱体化

なんかのゲームで強かった銃が弱体化され、ユーザーが「俺の銃がナーフにされちまった!」とコメントしたのが語源らしい。ナーフっていうのはおもちゃメーカーで、「自分が使ってる武器がおもちゃの銃になっちまった」というニュアンス。

最初から弱体化って言えば良いじゃんって話ですが、厨二心理で言いたくなるワード。

技巧スキル(クリティカル)の仕様変更

クリティカルの計算方法が変わることが検討されてます。まだ検討段階。

今までは複雑だったのが、ちょっと整理された感じ。

公式発表の引用

武器スキル「技巧」のバランス調整
武器スキル「技巧」において、クリティカル発生率の抽選方法を以下のように変更することを検討しています。

  • 従来の抽選方法
    ・「紅蓮の技巧」「機炎方陣・技巧」といった種類の異なる武器スキルにおいては、種類ごとにクリティカル発生率を加算し、クリティカルの抽選を種類の数だけ行う。
    ・クリティカル発生時のダメージ倍率は、50%×当選した回数。
  • 変更後の抽選方法
    ・「紅蓮の技巧」「機炎方陣・技巧」といった種類の異なる武器スキルにおいても、クリティカル発生率を全て加算し、クリティカルの抽選を1回だけ行う。
    ・クリティカル発生時のダメージ倍率は武器スキルの数に関わらず一律(50%)。

引用ここまで

 これからの「グランブルーファンタジー」2021年4月号

ナーフか強化か

ナーフされたような強化されたような…というのは、確定クリティカルは狙いやすくなったと思うけど最大ダメージが下がるからです。

今まで2倍ダメージを出せていたのが1.5倍までしか出なくなると、HPが数十億?とかある強敵戦が長引いて結果的に難易度が上がってしまわないんでしょうか。

特に上級者の戦力が落ちるのではないかと思うのですが、そうだとしたら上級者はグラブルの熱心なファンであり恐らくは課金という形で運営を支えている人たち。その人達からの強い反対があればこの検討は実装されない気がします。

武器スキルによるステータス変化がわかりやすくなる

編成画面だと、正確なダメージどころかバトル時のHPすらわかりません。

実際の編成をお見せします。下の召喚石編成では…

召喚石(ザ・デビルなし)
ザ・デビルなしのHP

全員、HPが2万台でした。

編成していた中で一番HPステータスの高いバハムートと、「サブ装備時HP30%UP」効果のあるザ・デビルを入れ替えます。

グラブルのザ・デビル

編成画面の表示では、HPが下がりました。

バハムートとザ・デビル入れ替え

では実際のバトル中HPはどうでしょう。

HP上昇(ザ・デビル装備)

3人がHP3万台に達しています。召喚石変更前は2万台だったので、編成画面のステータスではサブ召喚石のHPUP効果が反映されてないことがわかりますね。実際にバトルで確認しないといけないのが辛い。トライアルバトルがあるだけありがたいのですが。

この辺のHPや予測ダメージの正確性をあげてくれるらしいです。以下が公式引用。

公式発表の引用

【武器スキルの効果量の可視化】
「現在の編成がどの程度の強さなのか」が分かる指標として「予測ダメージ」がありますが、現状の表示では最大HP、クリティカル率、連続攻撃確率、ダメージ上限といったステータスが見えないため、「どうしたらここから強くなれるのか」が分かりにくくなっていると考えています。
これらの解消のため、「一部武器スキルの効果量の可視化」および「編成の各ステータスの効果量の可視化」を予定しています。

 これからの「グランブルーファンタジー」2021年4月号

触れられてるのが武器スキルについてだけなので、私が言う召喚石については予想でしかないんですが…一緒にやってくれると期待しています。

また、おまかせ機能も大きく向上するようです。

【おまかせ編成の全面的な改修】
「クリティカル重視」や「連続攻撃重視」、「高難度重視」といった、想定されるシチュエーションを選択することで、「現在の自分の所持装備の中での最適編成」を自動的に組むことができるおまかせ機能の実装を予定しています。

 これからの「グランブルーファンタジー」2021年4月号

攻略サイトもびっくりな独自編成をつくる超上級者は無理でしょうけど、中級者くらいまでなら頼れるおまかせ編成になるのかもしれないですね。特に初心者はかなり長くおまかせ編成でいけるんじゃないでしょうか。最終的には「紅蓮の〜」と「機炎方陣〜」は掛け算の関係だから組み合わせた方がいい、とかは知らないと強くなれませんけど。

ただし、実装に時間はかかるようです。

これらの調整のうち、「武器スキルの効果量の可視化」「おまかせ編成の全面的な改修」につきましては、規模の大きなアップデートとなり、実装までお時間をいただくことになる見込みです。
詳しくは、続報をお待ちください。

 これからの「グランブルーファンタジー」2021年4月号

「おまかせ編成はともかく、HPやダメージはバトル中の計算をそのまま引っ張ってくるだけで簡単にできるものなんじゃないの?」とプログラミングに明るくない私は思ってしまうんですが、やれるならやってるでしょうし、難しいんですねきっと。

騎空団では新たな騎空艇が購入可能

騎空団では設定した騎空艇によって、団員が常時「火属性攻撃力UP」みたいな恩恵を受けています。その光と闇が実装されるとのこと。デザインもかっこいい。

光と闇の騎空艇追加

そういえば、今まで光と闇の飛空挺無かったんですね…気にして無かった。

闇の飛空挺の先端にはアドウェルサらしきものが見えるんですけど、単純にこれがアドウェルサじゃないのか、シュヴァリエがいないと元は闇属性だったのか…。

イベントの復刻やサイドストーリー追加

ビストロ・フェードラッヘが復刻開催

パーシヴァル、ランスロット、ヴェイン、ジークフリートらイケメンが料理をふるうイベント。イケメン好きは必見、わからんけどBL好きにもいいかも。いや、グラブルなので普通に面白いんですけどね。

ビストロ・フェードラッヘの一幕

イケメンは別に…と言う方でも、ルリアの「キューティーエプロン」スキンが入手できるので、未入手の人は取得して損ないと思います。かわいいよ。

ルリアスキン「キューティーエプロン」

サイドストーリーには「どうして空は蒼いのかPart.III」が追加。

やっとどし空の全編が揃います。

初心者には作るのが難しい(無理?)な「無垢なる竜の武器」が1つだけ交換できるので、プレイした方がいいです、絶対。ストーリーとしての重要性もメインクエスト並ですしね。

無垢武器はその武器が得意なキャラが強化されます。今まで気にしなかった、剣が得意、格闘が得意とかで編成を考えるのも面白いもんです。

また、サンダルフォンの最終上限解放(最大Lv100)ができるトレジャーも入手できます。自己完結型のアタッカーで状態異常にも強いので、使いやすいと思います。

古戦場は4月7日(水)から

今回から難易度EX+の敵HPが2200万になるなど強化されます。

私は疲労とエリクシールハーフ使いたくないことを理由に今回あまり走らないつもり。

しかし十天衆の最終上限解放がまだまだなので天星器はある程度集めたい。あと5人いるんですが、次はウーノとシスを予定してます。先にシスかな…。

タイトルとURLをコピーしました