グウェルと文野環のセンシティブ配信が面白かった

おすすめに出てきた配信アーカイブで、つい気になったのがにじさんじ所属のグウェル・オス・ガール(以下「グウェル」)と文野環(以下「たまき」)がコラボしたものでした。(記事下にアーカイブ動画あり)

内容は一部のバーチャルYouTuberがNGワードにも指定しているセンシティブな「政治」に関して語るというものです。

グウェルが政治を語るのはわかりますが、そこで選ばれたコラボ相手がたまきということで面白そう!となり、見てみたら思った以上に楽しめました。

スポンサー

やっぱりたまき、やっぱりグウェル。

文野環のムーブ

たまきは、多分知らないんだろうなぁ・・・と思うことをわかりやすく知ったかぶりしたり、相手のリアクションを見て言動を覆したりと、日本では思い話題になりがちな政治でもふわふわした雰囲気にしてくれます。

たまきが配信で知らないとは言ってないので私の思い違いかもしれませんが、生類憐れみの令も知ったかぶりしてるように見えるので、日本史は本当に知らないんだなぁ……と。猫だし。

グウェルの視点

グウェルは知らないことは知らないけれど、もしかしたらこうなのかなという考えを言えば・・・と、前提をきちんと踏まえた上で客観的な視点での語ります。

やっぱり頭がいいなぁ、と思うのは、私なら頭ごなしに「ダメに決まってる」と言ってしまうものを「こういう視点もあるのではないでしょうか」と、「確かに」と思える考えを提示してくれること。

あくまでもこの配信は「政治を語る」のであって「政治思想を語る」わけではない、ということを徹底していて、センシティブな話題でありながらもハラハラ感なく見ることができます。

私はテレビ番組の政治系話題は楽しめなかったんですが、グウェルは否定も肯定もせずに「こういう利点/不利益も考えられる」というものを提示してくれるので、意見を押し付けられているのではなく自分で考えてられるのが面白い。

コメント欄は熱いが、炎上はしなさそう

話題が話題なので、やはりコメントで熱くなっている長文や速度アップもありました。

ただ、政治に関してほとんど知らないっぽいたまきと、政治思想はまったく言っていないグウェル。

よほど悪意を持って切り抜かない限りは燃料がないので炎上することはなさそう。

火をつけようとしても、この配信には可燃物がない感じ。

こんな雰囲気が作れたら、政治の話がしやすくなりそう

私はセンシティブな話題ができないタイプですが、こんなふうに色々な視点を増やせる政治トークができる場が多くなれば視点が狭くならず不快な気分にもならず、もっとしっかり考えられるのかな、と思います。

「政治の話」と「政治思想を話すこと」は全く違う、という知ってる人なら当たり前なのであろうことを知れた面白い配信でした。

他の国がどうかはわかりませんが、日本はやっぱり政治の話がしにくい傾向が強いのかな、と思います。

アーカイブ

2021年5月4日配信

タイトルとURLをコピーしました