『ホロファンク』元キャラまとめ(Friday night funkin’ hololive MOD)

ホロライブ

『フライデーナイトファンキン』にホロライブメンバーを当てはめた『ホロライブファンキン』(ホロファンク、ホロナイトファンキンなどと呼ばれる場合あり)

MODバージョンしか知らない人には意外なポジションであろう、元のゲームでの各メンバー立ち位置をまとめる

スポンサー

各メンバーのフライデーナイトファンキンでの立ち位置まとめ

主人公や、主人公とどういった立ち位置になるかをホロファンキンと原作絵を並べて解説

なぜか原作とは逆の手にマイクを持っていることが多い

※フライデーナイトファンキン側のキャラ名は間違いがあるかも

ボーイフレンド(主人公)A:魔乃アロエ

原作では小学校低学年向け作品の主人公らしさがあるシンプルだけど個性も感じる勝気な少年

ニヤリとした挑戦的な表情がかなり再現されている

原作と比べて魔乃アロエはマイクを尻尾で持っていたり手が綺麗に描かれていたりと、ディティールが細かい

ガールフレンドA:桃鈴ねね

桃鈴ねねは主人公のガールフレンドポジション

チュートリアル後の第一週から早速お父さんと主人公を会わせてくれたり、主人公のラップバトルには危険な場所であろうと常に同行するなど深い信頼を感じさせるキャラクター

原作の1980年台みを感じるセクシー衣装ではなく、ラップバトルの雰囲気に合うストリート系のファッションが似合っている

ダディ(ガールフレンドのパパ):森カリオペ

森カリオペは、原作でファンキーな見た目をしているガールフレンドのパパポジション

元ロックシンガーで外見が悪魔っぽい

ラップバトルという設定からか、対戦相手キャラクターとして最初に導入されたメンバーだった

初めてホロ曲がMODに導入されたのもカリオペの「失礼しますが、RIP♡」

当時は初期衣装の死神装束と原曲ほぼそのままの導入だったが、ラップバトルに合う私服ポニーテール姿と「失礼しますが、RIP♡」と「Live Again」のメドレーアレンジや「Off With Their Heads」アレンジの導入などMOD内でも進化を重ねている

マミー(ガールフレンドのママ):桐生ココ

桐生ココはガールフレンドのママポジション

原作設定に沿うなら、父カリオペ、母桐生ココ、娘桃鈴ねね or 大神ミオというなんかすごい家族になる

ホロファンキンではおそらく未実装だが、原作ではペアで登場するステージがあるなど仲がいい

ママステージでは背景に付き人らしき変なおっさんが多数踊っているが、桐生ココの背景では「レディットシットポストレビュー」でお馴染みの海外ニキたちが例の顔で踊っている

このステージの2曲目は、桐生ココ配信のオープニング曲とも言えるMADでバトルする

ねぽらぼ(ホロライブ5期生)

桐生ココステージは特殊で、「ねぽらぼ(桃鈴「ね」ね、尾丸「ポ」ルカ、雪花「ラ」ミィ、獅白「ぼ」たん)」がショッピングカートでやってきている

ショッピングカートで来た、というのも獅白ぼたんが配信しているゲームネタ

ねぽらぼの4人に魔乃アロエが加われば、ホロライブ5期生ほろふぁいぶフルメンバーになる

MOD作者がどこまで意図しているのかは不明だが、卒業した魔乃アロエと卒業が決定している桐生ココのバトルステージで同期の5期生が駆けつけてきているのは意味深な演出だ

普段は背景でスピーカーに座って見守るガールフレンド桃鈴ねねも、ホロファンキン仕様ではなくホロライブタレント衣装になっている

運転手:天音かなた

桐生ココのステージで魔乃アロエが上に乗った車の中には天音かなたがいるらしい

らしい、というのはグラフィックがあるもののゲーム中はほとんど見えない位置だからだ

天音かなたは桐生ココの同期であり、桐生ココとルームシェアで暮らす親しい間柄でもある

もう一人の一緒に暮らす星街すいせいもいつか追加されるかもしれない

スプーキーズ(スキッド&パンプ):ワトソン・アメリア&がうる・ぐら

ワトソン・アメリアとがうる・ぐらは肩車をしてコミカルに動くモンスターコンビポジション

並べてみると色合いが非常によく似ている

楽曲と動きで雰囲気は楽しげだが、このステージでは背景で雷がなっていて主人公とガールフレンドが時々怯えるホラーステージ

曲が進むと衝撃の展開に……

モンスター:はあちゃま

はあちゃま(赤井はあとの狂気スタイル)は特定のステージのキャラクターと入れ替わるように突然乱入する怪物ポジション。顔が怖い

ゲーム中の楽曲はほとんど歌詞なしだが、モンスターのみ英語で歌っている

歌詞の内容はかなりイカれているらしく、中には「ガールフレンド」という単語も聞き取れることからヒロインが狙われているのかもしれない

よく見ると赤井はあとは右手にフライパンを持っていて、メロディもよく聞くと3分で何かをクッキングできそうもの

序盤はホラーっぽくも名曲イケボ感ある原作と似ているが、全体的には原作とまったく違うアップテンポで明るい雰囲気の曲になっている

▼モンスターの歌を和訳した記事(閲覧注意)

獅白ぼたん:ピコ

獅白ぼたんはWEEK3で登場する対戦相手ポジション

ここでは対戦相手だが、別のWEEKでは人質にとられたガールフレンドを救出して敵を蹴散らしてくれる

この獅白ぼたんは桐生ココステージ以前に対戦相手としてすでに登場していた

銃を持つキャラクターであり、主人公とガールフレンドが同じ5期生という理由もあって獅白ぼたんが採用されたのではないだろうか

よく見ると獅白ぼたんの背景には生死不問の指名手配書があり、その顔は原作の彼とぼたんがつけている狐面だ

ホロライブファンキンの獅白ぼたんステージでは主人公側にも張り紙があり、そちらでは獅白ぼたんと赤井はあとらしき行方不明人物書がある

指名手配、行方不明ともに賞金がかけられていて、原作ライバルにはUSD($ドル)でホロライブメンバーにはJPY(¥円)であるのも細かい

ボーイフレンド(主人公)B:白上フブキ

ボーイフレンドポジションに、白上フブキが追加された

上矢印を入力した時の「きーつね!」ポーズが可愛い

変更はガールフレンドとセットで行われるようで、魔乃アロエ&桃鈴ねねか、白上フブキ&大神ミオどちらかの組み合わせとなる

ガールフレンドB:大神ミオ

ボーイフレンドを白上フブキにした時、ガールフレンドは大神ミオに設定される

こちらは同期というより、頼れる相棒、親友感が強い雰囲気

COMING SOON

ホロライブMODは未実装のキャラクター

少しホロメン予想もしてみる

先輩(恋愛シミュレーション)

突然始まるドット絵恋愛シミュレーションゲームっぽいWEEK5の「先輩」は女子にとって憧れのアイドル

しかし敗北すると……

最終的には……

実はこのキャラクター、ガールフレンドのパパ(ホロライブMODではカリオペ)に封じ込められていた邪悪な存在

また5期生が実装されるのでは無いか、という予想とテンション落差芸の点で尾丸ポルカを予想

顔芸枠で角巻わためも面白そう、2段階目でガンギマリ

タンクマン

タンクマンは部下を従えてガールフレンドを人質にとる、なかなか攻撃的なキャラクター

執筆時点の対戦相手では唯一、ストーリーモードの対戦前会話に人のボイスが入っている

彼はなかなかホロメン予想が難しいが何人か考えてみた

  • 兎田ぺこら:策略家のイメージから
  • ロボ子さん:タンクマンの見た目がロボっぽいので
  • ワトソン・アメリア:ホロメンの中では銃のイメージが強く、他に銃のイメージが強い獅白ぼたんと桐生ココは実装済み
  • 姫森ルーナ:姫なので配下を連れていても違和感がない

他にも公式に近い雰囲気のMODも制作されていて、中には潤羽るしあや常闇トワに似合いそうなキャラクターもいる

またアップデートされていくなら、ぜひチェックしていきたい作品だ

関連動画

▼ホロライブファンキン(MOD)

▼フライデーナイトファンキン(原作)

タイトルとURLをコピーしました