ホロライブ&にじさんじ、誹謗中傷等根絶に向け連携

ホロライブ
ホロライブにじさんじ
スポンサー

カバー株式会社(ホロライブ運営)とANYCOLOR株式会社(にじさんじ)共同声明

声明文 一部引用

※下記引用文は画像文書を手入力したものなので入力や変換ミス、あるいは原文の変更があるかもしれません。詳細は原文で。(リンクは文書下)

具体的には、所属タレント/バーチャルライバーの対する名誉毀損行為、プライバシー権の侵害行為、「荒らし」行為等の営業権の侵害行為、殺害予告・ストーカー行為等の攻撃的行為に対して、その対策の実行にあたってのノウハウの共有、(両者所属タレント/バーチャルライバーを被害者とする事案に関する)法的措置を含めた各種対策の連携、警察署機関と両者との連携体制の構築等を行ってまいります。
※ 2022年10月から同年11月にかけて、私たちは、所属タレント/バーチャルライバーの名誉又は信用を貶める情報を掲載していると判断した一部のいわゆる「まとめサイト」運営者に対して連携して交渉を行い、同サイト運営に対して、今後両者及び所属タレント/バーチャルライバーへの権利侵害及び誹謗中傷等の助長行為を一切行ってはならない旨の一定の条件を付す形で、示談書の締結に至っております。

2022.12.05
誹謗中傷行為等に対するカバー株式会社およびANYCOLOR株式会社による連携体制の構築について | カバー株式会社 (cover-corp.com)」より引用

これまでも何度か解決報告あり

ホロライブ・にじさんじ共に、今までも誹謗中傷者に対して示談が完了したという報告はありました。

単独でもそれぞれ解決に至っていた両社が連携をとることで、これまで以上にタレント/バーチャルライバーが安心して活動できる環境づくりがなされそうです。

ホロライブタレントも拡散

建設的な批判や正直な感想は必要かもしれませんが、悪口はちょっと違います。詳しくは「関連リンク>法律」へ。

関連リンク

原文

誹謗中傷行為等に対するカバー株式会社およびANYCOLOR株式会社による連携体制の構築について | カバー株式会社 (cover-corp.com)

法律

事実なら罪にならない?インターネット上の誹謗中傷の対策とは (amata-lawoffice.com)

© 2016 COVER Corp. © ANYCOLOR Ink.

タイトルとURLをコピーしました