ホロライブ宝鐘マリンの初見サブノーティカが、既プレイヤーから見ても面白い(追記あり)

宝鐘マリンのサブノーティカ(自動生成)宝鐘マリン

ホロライブ所属タレントの宝鐘マリンが、海洋惑星サバイバルゲーム「サブノーティカ(Subnautica)」を配信

海賊(コスプレ)キャラだし、海洋探索ゲーはイメージ的にも良き。サムネイルも美的

スポンサー

今までにサブノーティカを配信したVTuber

サブノーティカを配信した有名VTuberはかなり少なく、ホロライブでは過去に戌神ころねと桐生ココが配信し、アーカイブが残っているのは戌神ころねだけだった

ライブ配信以外では猫宮ひなたも動画投稿したものが残っている

久しぶりに「Subnautica VTuber」で検索したところ、にじさんじの鈴原るる、叶の2人も5月中に配信した模様

追記:最初に書こうと思い忘れていたが、.LIVEの神楽すずもサブノーティカを配信している

サブノーティカは先日、新作のサブノーティカ:ビロウゼロのPS4,5,Switch版が販売されたばかり

新作が出ると旧作の配信許可を取りやすいのかなと思う。別事務所で同時多発的に同タイトルが配信されることがちょくちょくあるし

VTuberやってる人はVTuberを好きな人も多いだろうから、実際に「あの人がやってたから」という理由で波及していくこともありそう

宝鐘マリンのサブノーティカ

宝鐘マリンのSubnauticaはPC版のようなので、おそらくSteam購入

私がプレイしたのはPS4版なので仕様は違うかもしれないが、それでも初見の反応は懐かしい気持ちを思い起こさせてくれる

見事にやってくれる「初心者あるある」

サブノーティカを知らずに見れば、マリンと一緒に「何もわからない」を楽しめると思う

そして知りながら見れば上級者気取りでニヤニヤしたり、心中の指示厨と戦ったり、何より初心者時代の気持ちを思い出して楽しめると思う

マリンの初サブノーティカ配信はそれほど長くはなかったものの、お約束は一通りやってくれた

  • アシッドマッシュルームを拾いすぎて、インベントリとストレージをあふれさせる
  • 道具の使い方がわからない
  • よくわからないのでとりあえずナイフで攻撃する
  • PDAの警告にあわてて、オーロラ号の量子爆発イベントを見逃す

荷物管理について

サブノーティカは所持できる荷物量に制限があり、一応の緩和要素はあるものの基本的に物は持てない

しかも必須級の持ち歩きツールがアイテム欄4マス使うなど、やくそうを10個持つのも大変な平成初期までのドラゴンクエストみたいな所持品管理

サブノーティカはむしろ資源集めがメインとも言える場面が多いので、それより難しく感じたかもしれない

だとしてもマリンが取ったのはアシッドマッシュルーム30個である

アシッドマッシュルームで埋まるインベントリ

同じ素材を1枠にスタックできるゲームだったら相当かんたんなゲームで、それはそれで楽しかったと思う

しかし残念ながらサブノーティカはそうじゃないので、整理整頓か断捨離できない人(私)はインベントリきつきつゲーになる

サブノーティカでは、生物を倒すメリットが極端に少ない

サブノーティカでは命を奪った対象からは素材が取れず、食料にする生物も基本的に攻撃するより生捕の方が簡単だ

知ってると「攻撃しない方がいいのに」なんて思いそうになるし、「かわいそう」コメントへのリアクションもあったが、サバイバル探索ゲームでナイフを装備したら生物を仕留める発想になる方が普通だと思う

もしもサブノーティカが獲物を仕留めて食べたり素材にするゲームだったら、むしろ「逃すな!」「やれ!」と言いたくなっただろうと想像できる

メリットはほとんどないが、ダメージを与えれば逃げるし、攻撃してくる相手を倒せば探索しやすくなるし、報復目当てや腕試しという意味でならやる価値はある

やってもいいし、やらなくてもいい

そういう自由度があるからこそ配信も見応えがあるわけだが、続きの配信があるとしたら今後どのように立ち回るのかも気になるところ

まとめ・続きの配信はあるのか

サブノーティカはかなり配信者のリアクションが見たい場面が多いので、ファンとしては配信してほしい

しかし配信向けかと言われると、客観的にはノーヒントだと時間がかかりすぎたり、裏作業すると配信外で何かを発見してしまったり……とムズカシイ気がする

と言っても、マリンなら面白くできると思うので完全に杞憂だろうし、また見られるかもしれないな〜と楽しみにしておこう

現在の他の配信と同様にゲーム会社の許可をとっていると明記されているので、他のライバーも配信し始めたり、桐生ココのアーカイブが復活したらなお嬉しい

追記

続きも配信され、けっこう裏作業もしているらしく、配信のたびにいろいろ発展。新発見のリアクションが見れないのは残念だが、これはこれでスムーズに進んで良い感じ

コメントとプロレスしつつ情報が集まったり、裏作業では設計図確保のために少し攻略も見たようで、配信として見やすく気軽に楽しめる感じになっていると思う

メーカーがどこまで許容してくれてるのかわからないが、その内容次第ではエンディングまで見れちゃうのでは?

サムネイラストが豪華すぎる動画本編(1〜4)

サムネイラストはファンアートだが、海賊キャラなだけに水に合うハイクオリティイラストが多い。それだけじゃなくマリンがしているであろう加工も見事。マリンもイラスト描けるしね

↑の元絵にはピーパーがいない

おまけ・鈴原るるのサブノーティカ

アグレッシブに探索範囲を広げる、ナイフで果敢に攻撃する、とにかく死にまくる、とマリンの配信とはまったく異なる雰囲気で違う楽しさがある

追加:サメちゃん(がうるぐら)は続編「ビロウゼロ」をプレイ

今回に始まったことではないが、サメちゃんもなかなか攻撃的。でもサメだからで納得できる解釈一致

タイトルとURLをコピーしました