【桃鈴ねね復活🍑】【ホロライブ】

桃鈴ねね
桃鈴ねね

祝ねねち(桃鈴ねね)復活

スポンサー

はじめに

復帰雑談配信から聞き取ったものであり、内容が正確でない可能性があります。記事最後に配信アーカイブがありますので、正確かつ詳細な内容に関しては彼女自身の言葉をお聞きください。

ねねちの療養〜復帰

療養前後のはなし

PCに向かったり、ディスコードの通知が鳴るだけで涙が出る状況に。配信でその一端が見えるアーカイブがメンバー限定公開で残っています。

これがあってダウンしちゃった!というどれか一つの原因ではなく、本当に色々な、さまざまなことのタイミングや重なりがあった結果とのことです。

同期の5期生メンバーの尾丸ポルカが病院に連れて行ってくれて、眠れない、食べれない、食べたくない…など、自律神経がやられ、うつ的な診断を受けて療養することに。

先輩の前で泣いてしまったりいろいろな相談をさせてもらったりもして、それぞれ色々な視点からのアドバイスをもらい、相談の大切さや先輩が培ってきた経験からくるメンタルケアやらなんやらをたくさん学べたとのことです。

アザラシとサメで有名な水族館に行ったとかで、でかいアザラシぬいぐるみがかわいい。

これからは無理せず、だからこそハイパワーに?

周囲からの「もうちょっと休んでからでも」という言葉を受け取りつつも行った復帰配信も、無理しての決行ではなく「自分でやりたいと思ったタイミングがベスト」と判断してのことのようです。

そして、また辛くなったらその時は限界になる前に休む。

宣言通りマイペースでの活動になりそうですが、マイペース=スロウペースとは限りません。むしろ限界になる前に休むことで必要なお休みも短くなりますし、無理する場面が減ることで全力を出したい時に全力を出せるねねちになりそう。

そうなれば配信の姿だけが見える私のような1リスナーからすれば「前よりパワフルだな」って感じる場面が増えるんじゃないでしょうか。

後輩デビュー

「6期生…(せきばらい)…後輩!!」と、何度も言ってる姿はウッキウキに見えました。

今のホロライブという超絶狭き門を開いた6期生の5人に対して「それだけの人に勝れるわけがないんだよな〜」と自分と後輩を評価しながらも、「これから優っていくんだよ!」とねねち節。

でも狭き門を開いたのはねねちも同じですし、6期生メンバーは口を揃えて ”デビューして間もない自分たちがこれだけ注目されているのは、先輩たちが今のホロライブを作ってきたから” と話しています。
ねねち達もデビューから1年以上ホロライブを盛り上げてきた大きな存在で、6期生の言う「先輩」の1人に数えられているでしょう。

直前に歌枠配信をしていた6期生の博衣こよりさんも「ねね先輩の復帰配信があるから!」と、自分も歌枠を終了し見に行った様子。同じく6期生の風真いろはさんもねねち復帰配信ツイートをしていました。

復帰配信を見た感想

おうち3Dのモデルが綺麗で、よく動くねねちとめっちゃ相性いいなって思いますし、カメラに近づくのいい感じ。

そしてやっぱり歌上手いなって思うんですが、それも力まず…どころか歌ってる時の方がリラックスしてるんじゃないかとさえ感じるほど楽しそうに歌うのが素晴らしい。

エンディングを流しながら自分も一緒に歌うとか、型破りなのも彼女らしい無二の魅力って感じですね。

ちょっと脱線かもですが、エンディング絵はGuchico先生

この魅力的なねねちを描いたイラストレーターGuchico先生は活動を終了した同期”魔乃アロエ”さんのママ。

今回のねねちイラストもそうですが、ホロメンやにじさんじライバーのファンアートや案件も受けられています。

クリエイターであり妻でもある蜜咲姫 朱さんのママでもあります。妻のママ…?

Guchico先生のねねちイラストいいなぁ…としみじみ感じたので、同じく気になった方はぜひGuchico先生のツイッターもご確認ください。トワ様やぼたんちゃんの魅力的なファンアートもありますよ

▼ツイッターアカウント
Guchico@二日目る-06a@Guchico77
・蜜咲姫 朱-Mitsuzaki Aya-バーチャルアーティスト

追記:犬山たまきさんも所属する「のりプロ」から、新人が2022年1月にデビューします。ママはGuchicoさん。

ホロライブ本ねぽらぼ表紙

配信枠・アーカイブ

【復帰雑談】🍑ただいま!!!会いたかった!!!🍑 【桃鈴ねね/ホロライブ/ #ねねいろらいぶ 】

©︎ cover corp.

タイトルとURLをコピーしました