Twitterのセンシティブ表示/非表示設定の変更方法

生活

Twitterではセンシティブなメディアがツイートされることがあります。

センシティブに該当するのは暴力やグロテスクや性的表現やヘイト表現などがあり、これらを見たくない人が見なくて済むようにしやすくなるためにも役立つ機能です。

Twitterアカウントを取得した時のデフォルト設定では「表示しない」設定になっています。

しかしセンシティブなものを見るためにTwitterを利用している、あるいは見たくないのにセンシティブ設定のメディアが表示されてしまうといった場合は設定の変更をする必要があるでしょう。

この記事では、その手順を紹介しています。

スポンサー

センシティブメディアを隠さず表示する方法

いちいち「表示する」を選択しなくても常にセンシティブメディアを表示する設定

設定手順

  1. (PCブラウザの場合のみ)「もっと見る」をクリック
  2. (以下、スマホでも同様)「設定とプライバシー」を選択
  3. 「プライバシーとセキュリティ」を選択
  4. 「表示するコンテンツ」を選択
  5. 「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」にチェックを入れる

これで設定は完了です。

注意事項

自分がセンシティブを表示する設定にしていて、センシティブメディアをツイートする場合には注意が必要です。

「センシティブなメディアとしてツイートする」という設定がなんらかの理由で解除されてしまっていた場合、きちんと設定したつもりで不適切なメディアを投稿してしまう可能性があります。

この時、センシティブなメディアもそれ以外も同じように表示されているため、自分では問題に気がつけません。

対処法として、プライベートウィンドウや、一時的にセンシティブなメディアを表示しない設定に変更して確認することができます。後者は手間なので、できれば前者で確認したいところ。

センシティブメディアを表示しない方法

設定手順

  1. (PCブラウザの場合のみ)「もっと見る」をクリック
  2. (以下、スマホでも同様)「設定とプライバシー」を選択
  3. 「プライバシーとセキュリティ」を選択
  4. 「表示するコンテンツ」を選択
  5. 「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」のチェックを外す

これで設定は完了です。

注意事項

残念ながらセンシティブなメディアをセンシティブ設定にせずツイートする人は多くいます。

理由は知らなかったり、やり方が分からなかったり、センシティブの基準が自分と相手で違ったり、わかっているけど多く見られるために設定しなかったりなど様々でしょう。

稀にTwitter側のバグもあるようで、私はセンシティブ設定にしてツイートしたのに全て表示されてしまいました。幸い、中身は問題のない画像ばかりのはずですが。

対処方法

対象ツイートやアカウントの右上に「…」マークがあり、そこをクリック/タップすると表示されるメニューからそれぞれ選べます。

ツイートしたアカウントをミュートする

そのアカウントのツイートが、自分からは見えなくなります。

相手はミュートされたことがわかりません。

ツイートしたアカウントをブロックする

そのアカウントのツイートが自分からは見えなくなり、相手もこちらのアカウント内容を見られなくなります。

ブロックしただけでは相手に伝わりませんが、相手がこちらのアカウントを見ようとした時に「ブロックされています」と表示されます。

この時、ブロックされた相手は別のアカウントやログアウトした状態でのアクセスにより中身を確認することができるため、執念深い相手から見られたくないという目的での機能としては限界があります。

管理会社に報告する

明らかにポリシー違反をしているメディアの場合、「報告」で問題点を指摘することで対応される可能性があります。

報告内容が確かであると判断された場合、対象のアカウント凍結などが行われ、通報した人(自分)に「あなたが通報したアカウントに問題が確認されたため、アカウント凍結を行いました。理由:差別的表現」みたいな内容の通知がきます。

まとめ

以上が設定方法および対処法でした。

タイトルとURLをコピーしました