シーモンキー活用法【Subnautica: BelowZeroPS4】

Subnautica: BelowZero PS4
Subnautica: BelowZero PS4

ゲーム開始直後はロビンが手に持ったツールを盗んでしまう、困った原生生物シーモンキー

しかし彼らを敵視するのは少し待って欲しい

彼らが味方になれば、ロビンが得るメリットはとてつもなく大きいからだ

スポンサー

シーモンキーが味方になる条件

ある条件を満たすまで、シーモンキーはロビンのツールを盗むいたずらをしかけてくる

それを止めさせ協力的にする条件が「AL-AN」がロビンの中に入ること

これによって協力的になる理由については考察するしかないが、複数回の実験でシーモンキーの挙動が変わる条件はいつもAL-ANがロビンに入ることだった

探索を邪魔されないどころか素材集めに協力してくれるので、可能なら先にAL-ANを探しておきたい。場所と行き方は下記ページにまとめてある

実際の活用方法

シーモンキーは現在ロビンがピン留めしている設計図に含まれた素材を持ってきてくれる

銅線をピン留めしていたら銅鉱石を。配線キットをピン留めしていたら銀鉱石を持ってくるという性質だ

コンピュータチップが必要な設計図をピン留めしていた時には、テーブルコーラルのサンプルを持ってきてくれたこともある。この時、コンピュータチップ自体の設計図はピン留めしていなかった

Tips

小技:できるだけ狙った素材を持ってきてもらう

大容量酸素ボンベのために銀鉱石が欲しい場合、配線キットだけをピン留めすれば銀鉱石を持ってきてくれる可能性が高くなる

大容量酸素ボンベ自体をピン留めすると、チタニウムなど集めやすい素材を持ってきてしまう可能性がある

小技:とりあえず集めにくい素材をピン留め

テーブルコーラルのサンプルを集めにくいと感じていたら、今は必要ないコンピュータチップをピン留めして探索する

シーモンキーが持ってきてくれたら受け取る、というだけでもかなり素材集めが楽になる

「パイロットの最終確認地点」付近ではニッケル鉱石やルビーを持ってきてくれる可能性もある

おすすめしにくいのは潤滑油やファイバーメッシュのピン留め

クリーブパインの種やサンプルは4スロット占有するため、狙った時意外に持ってこられても困る

知識:そのバイオームに無い素材は持って来れない?

投下ポッド付近でダイヤモンドやニッケル鉱石を持ってきてくれることはなかった

利用できるのはその付近にあるものだけのようだ

小ネタ:ロビンのリアクション変化

初めてシーモンキーからアイテムを受け取った時、設計図をピン留めしていたかどうかでロビンのセリフ内容が変化する

  • ピン留めなし:欲しいものを伝えることができたら……
  • ピン留めあり:欲しいものを持ってきてくれたの

ビロウゼロにストーリー分岐はないが、こうした小さな条件による変化はいくつか見られる

小ネタ:シーモンキーのリアクション

持ってきた素材を受け取ると喜び、受け取らないとしょんぼりする

小ネタ:落とし物

仕様なのかバグなのか、シーモンキーは何も持っていない手を差し出してくることがある

どうやら素材を持ってきているつもりらしく、しばらく見ていると受け取らなかった時と同じようにしょんぼりする

この時に周囲の地面やシーモンキーの巣を見ると、素材が落ちていることがある

小ネタ:亜空間から素材調達

シーモンキーは実際に素材を拾っているわけではなく、渡したい素材をどこからともなく出現させている

近くにいるシーモンキーを観察していると、突然シーモンキーの手に素材が出現する瞬間を目撃することも

まとめ

  • シーモンキーが協力する条件:AL-ANがロビンに入る
  • 狙った素材を持ってきてもらう方法:狙いの設計図をピン留め
  • 小技:銀鉱石が欲しいなら配線キットなど、その素材以外が少ない設計図をピン留め
  • 知識:そのバイオームに無いものは持って来れない

タイトルとURLをコピーしました