自分が検索BAN/シャドウBANされていないか確認できるサイト【Twitter】

雑記
雑記
スポンサー

更新:シャドウBANされていないか確認できるサイト

▼サイト

Twitter Shadowban Test
Are you shadowbanned on Twitter?

使い方は入力できる場所に確かめたいアカウントのIDを入力するだけ。

ポイント

  • 検索に出ない、フォロワー以外から見えないなど、段階的な規制がある
  • これらのBANについては特に警告/通知されない(気が付かない可能性がある)
  • いつ解除されるか、あるいは永久に解除されないのかは不明

利用方法

※画像はサービスを終了したサイトですが、使い方は同じです

「@ username」に自分のアカウントIDを入力します。(画像下)

CHECKボタンを押すとしばらくしてから結果が表示されます。

項目と内容について表にまとめました。基本的には下ほど強い規制です。()内のBAN種類名は仮称です。

項目内容
文字色の意味について緑:問題無し
赤:規制中
黄:サイトから確認できなかった
@hare_kirisame exists@〜 というアカウントは存在しているか
非公開アカウントも赤かもしれません。あるいは黄色。
Serch Suggestion Ban(サジェストBAN)検索候補や人の検索結果に表示されない場合があります。
フォロワーからは見えますが、他のユーザーには表示されないかもしれません。
Search Ban(検索BAN)Sugeestion Banより強い規制がかかり、検索に出ません。
Ghost Ban(ゴーストBAN)誰かへのリプライなどをした際に、他の人からは見えず通知されません。
自分からは普通に表示されています。
Reply Deboosting(リプライBAN)リプライが「もっと返信を表示する」をタップしないと表示されなくなります。
対象にされている場合、有害や不快なアカウントとして判定された可能性があります。

Reply Deboosting(リプライBAN)を別のアカウントから見た場合の表示

解除される可能性あり

私はサジェストBANされていましたが、1〜2週間ほどで解除されました。

  • しばらくツイートしなかった
  • サジェストBANの心当たりイラストツイートを削除した

内容がより悪質である場合、それだけ解除に時間がかかるかもしれません。

私はBAN状態チェックサイトをブックマークして、時々確認していました。

これからは内容に気をつけつつ、また今まで通りアカウントを使えると安堵しています。もしもまたなんらかのBANを受けたら、それはそれで基準の切り分けができそうです。ツイート内容ではなく、ハッシュタグの使いすぎが規制理由だったなど。

最後に

いつもは結構いいねRTされるのに、ここ最近はあまり反応がない…と感じた方はシャドウBANされているかもしれません。

以上、シャドウBANに関することと、チェックできるサイト紹介でした。

過去文

以下は過去文です。現在の状況とは異なりますが、過去に運営されていたシャドウBANサイトの作者の方の言葉が印象的だったので残します。

───

シャドウBANをチェックできるサイトはサービスを終了しました。

管理者のブログでは、英語で色々なことが書いてあります。

多分こんなことが書いてある

(下記翻訳は正確でない可能性がありますので、実際に管理者の方が言ったのではなく私がそのように読み取った、という程度の情報としてお読みください。)

「Twitterの仕様が変わり、適切な動作をするためにはシャドウBANチェッカーに変更を加える必要があります。しかし私はもうTwitterに興味はなく別のプロジェクトに1年以上前から移っています。」

「TwitterはこれからもあなたたちをシャドウBANするか、あなたを傷つける新たな手段を作り続けるでしょう。あなたの存在を望まないプラットフォームになぜ滞在するのですか?」

「それはただの乗り物です。いつでも変更できます。」

つまり

「もう更新するつもりはないので、シャドウBANチェッカーは使えなくなりました」ということだけは確実です。

どうしても調べたい方で複数のアカウントを持っている場合は、別のアカウントからログインしている状態で調べたいアカウントのツイートを検索してみるという手があります。検索に出なければシャドウBANされている可能性が高いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました